車の買い取ってもらうには

>

車を買い取ってもらう相手

ディーラーに下取りしてもらう

車のディーラーと言うと、新しい車を販売しているイメージがありますが、車の下取りをしてもらうことができます。

車のディーラーと個人で車を販売、経営しているような車屋との違いは、特約契約を自動車メーカーと結んでいるかどうかになります。
これは、自動車の仕入れルートを、自動車メーカーから持っているということになります。
個人で自動車の販売を行っている場合の方が、車の値段は安いことが多くなります。
その代わりに、大手の自動車メーカーと契約しているディーラー方が、自動車を購入した後にしっかりとアフターケアをしてくれます。

車のディーラーは、自動車の販売を行っていますが、買取業者と同じようにオークションなどで車を販売や買取を行うルートを持っています。

ディーラーのメリットとデメリット

車のディーラーに自動車の下取りを行ってもらう場合には、車の廃車手続きなどを代行してもらうことができます。
処分した車が不法投棄されるという心配などもしなくて済みます。
車の下取りも短時間で行ってくれるので、新しい車を購入する商談を行っている最中に、下取りの査定が終わります。
新しい車の購入する際には、新しい車を手に入れるまでの間、車に乗れない期間があります。
ディーラーで、車の購入と下取りを同時に行うと、車を使用できない期間をほぼ無くすことができます。

ディーラーでの車の下取りを行う場合は、査定価格が低くなってしまいます。
ディーラーでの車の下取りの査定は、基準価格を基にして行われます。
なので、車の流行りなどは反映されません。